アルミホイルを電子レンジで加熱できますか?

アルミホイルを電子レンジで加熱できますか?

アルミホイルを電子レンジで加熱することはミッションインポッシブルではないかもしれませんが、それは間違いなく危険なビジネスです。

電子レンジには金属以外のアイテムのみを入れることをお勧めします。電子レンジで安全な食器を使用して食品を温め、電子レンジに入れているときはペーパータオルまたはラップで食品を覆います。



アルミホイルラップまたはアルミ容器を電子レンジで加熱する必要がある場合は、最初に電子レンジのユーザーマニュアルを読んで、追加のヒントや警告があるかどうかを確認してください。

電子レンジにアルミホイルを入れないように言われたことがあるなら、この記事はあなたにぴったりです。おそらく、ホイルトレイが溶けてホイルボールが爆発するという話を聞いたり、バイラルビデオを見たことがあるでしょう。あなたは、電子レンジで調理するアルミニウムがあなたの料理計画をくじくための最良の方法であると確信するかもしれません。

今日は、電子レンジにアルミ容器とホイル包装を安全に入れる方法についてお話します。アルミニウムをマイクロ波処理したときに実際に何が起こるかを調べ、この錫の力を利用できるかどうか、または面倒なだけの価値がないかどうかを確認します。

コンテンツ 見せる
アルミホイルを電子レンジで加熱したい理由
アルミホイルを電子レンジで加熱しても安全ですか?
電子レンジにホイルを入れるとどうなりますか?
最終的な考え

アルミホイルを電子レンジで加熱したい理由

周りを見渡せば、アルミはいたるところにあるようです。これは地球の地殻で最も豊富な元素であり、総質量の8%を占めています。

また、ピザの皮の周りにも豊富に含まれており、多くの冷凍ピザが入ってくる容器の大部分を占めています。パイプレート、ケーキパン、七面鳥のクランプ、ポップコーンバッグ、スープカートンの蓋にあります。

アルミホイルは軽くて丈夫で形が簡単です。これにより、想像できるほとんどすべてのものに適応できる、完璧な小さな万能ツールになります。



食品事業では、製造業者は、食品を保管するための容器、食品を保温するための蓋、熱の流れを制御するためのベーキングなど、多くの場所でアルミホイルを使用しています。

電子レンジ対応のベーキングディッシュに含まれるアルミニウムは、熱をクラストに反射してカリカリにするのに役立ちます。あなたはそれを見つけることができます:

  • 焙煎鍋
  • パイプレート
  • パンの缶
  • チキンポットパイパン
  • ラザニア缶
  • ケーキパン

ピールオフリッド付きの電子レンジ対応コンテナは、多くの場合、エッジの周りにアルミニウムのリングを残します。これらには、次のコンテナが含まれます。

  • スープ
  • シチュー
  • キャセロール
  • インスタントラーメン

また、アルミホイルを使用して食品の一部を電子レンジの熱から保護し、メインエリアを端を焦がさずに暖めることができます。これには次のものが含まれます。

アルミニウムをマイクロ波で加熱したい場合は、次のようなものがあります。

  • ポップコーンバッグに入ったアルミニウム製サセプターは、カーネルが均一かつ完全にポップすることを保証します
  • 七面鳥を電子レンジで解凍する場合、七面鳥の脚を一緒に保持しているクランプはアルミニウムであり、鳥が凍っている場合は取り外すのが難しい場合があります

アルミホイルがパッケージのどこかにあるアルミニウムに隣接した食品を購入する場合、元の容器に電子レンジで入れることができるかどうか疑問に思うかもしれません。オーブンが熱くなるまで待つか、食品をすくい取って電子レンジで安全な皿に移すよりもはるかに簡単ではないでしょうか。



アルミホイルを電子レンジで加熱しても安全ですか?

あなたが正しく行えば、マイクロ波アルミホイルは安全です。注意しないと、すぐに悪夢に変わる可能性もあります。

電子レンジのアルミホイルは危険であり、台所の火事を引き起こす可能性があると一生聞いたことがあるでしょう。私たちはあなたと同じようにそれを知って驚いた、 USDAによると、実際には電子レンジでアルミニウムを使用できます

ただし、これは陰謀ではないので、ティンホイルハットを脱いでください。ただし、まだ電子レンジに入れないでください。あなたの両親は、それを間違えるのがいかに簡単であるかという理由で、アルミニウムを電子レンジにかけないようにあなたに警告しました。

食べ物を温めるのと同じ電子レンジも金属に当たって跳ね返ります。これには、電子レンジの金属壁だけでなく、アルミホイルを含む電子レンジに入れる金属も含まれます。少しの跳ね返りは無害ですが、跳ね返りが多すぎると火花が発生する可能性があります。

電子レンジで食品をホイルやその他の金属で完全に覆うことは絶対にしないでください。それらを吸収するための食物や水がなければ、電子レンジは箱の周りを危険なほどジグザグに動きます。最終的に、それらは電子レンジのマグネトロンに跳ね返ります。



マグネトロンが生成するのと同じ量のマイクロ波を取り込むと、マグネトロンはすぐに熱くなり、バラバラになる可能性があります。完全に空の電子レンジを操作するように、完全にホイルシールドされた食品を電子レンジで加熱することは、マシンを台無しにする優れた方法です。

アルミホイルは電子レンジを遮断するので、火傷から守りたい食品の部分を安全に覆うことができます。開いた食品の表面積がホイルの表面積よりも大きいことを常に確認し、食品の4分の1以上をホイルで覆わないようにしてください。

ホイルのどちら側を外側に残すかは関係ありません。光沢のある側でも鈍い側でも問題ありません。フォイルストリップを薄く切りすぎないでください。カットすると、マイクロ波を集中させるアンテナに変わる可能性があります。常に約1平方インチより広くて長いホイルを使用してください。

しわの少ない滑らかなホイルを使用してください。ホイルのしわもマイクロ波を集中させ、火花を発生させる可能性があります。角や縁がはみ出さないように、食品の周りにホイルをシームレスに成形してみてください。

ホイル容器に入った食品を電子レンジで加熱できます。常にパッケージの指示に従ってください。

電子レンジにホイル容器を入れる前に、必ず蓋を外してください。フォイルリッドをオンにすると、電子レンジはコンテナに入ることができなくなります。ふたを外すと、電子レンジは上からしか浸透しません。約2インチより深い皿は使用しないでください。使用すると、下の層が熱くなる前に上の層が乾く可能性があります。

アルミ容器またはホイルで包んだ食品部品を、電子レンジの真ん中にできるだけ近く、金属製の電子レンジの壁から少なくとも1インチ離して配置します。電子レンジのターンテーブルが金属製の場合は、金属が金属に触れないように、常に非金属プレートをアルミ容器またはホイルラップの下に置いてください。

火花が見える場合は、何かがおかしいことを意味します。電子レンジの電源を切り、アルミニウムを取り除き、代わりに電子レンジで安全な皿を使用してください。

電子レンジにホイルを入れるとどうなりますか?

一見すると、あなたの電子レンジは異星人の技術のように見えるかもしれません。実際には非常に理解しやすいです。

マイクロ波は電磁波です。それらは特定の周波数の長さを持ち、通常は約2.5ギガヘルツであり、脂肪、砂糖、水がそれらを簡単に吸収できるようにします。この周波数も金属で跳ね返りますが、ほとんどのセラミック、プラスチック、ガラスをまっすぐ通過します。

そのため、電子レンジ対応の容器で食品を加熱することはできますが、密閉された金属製の容器では加熱できません。

電子レンジの壁のような厚い金属片は、鏡が光を反射するようにこれらの波を効率的に反射します。ただし、薄い金属片は、これらの波の電流によって飽和し、熱くなり、火花を発し始める可能性があります。

鋭いしわ、曲がり、またはエッジのある金属は、さらに大きな問題です。曲がりやしわが電磁界を一箇所に集中させるため、すぐに過熱や火花が発生します。しわが鋭いほど、反応が速くなります。

箔のストリップの角やフォークの先端のような鋭いエッジは、これらのフィールドをすべての中で最も効率的に焦点を合わせます。それらは非常に多くの電気を集めることができるので、結果として生じる場は、近くの空気分子から電子を取り除くのに十分なほど強くなります。これはイオン化と呼ばれ、目にする危険な火花は電気アークと呼ばれます。

それらの火花の1つだけが可燃性のものに当たった場合、電子レンジにミニチェルノブイリが入ってしまう可能性があります。

少しのホイルで電子レンジが爆発することはおそらくないでしょうが、火を起こすのに必要な火花は1つだけです。使用する場合 電子レンジでホイル 、それを注意深く見守ることが重要です。

小さな火はポップコーンの袋を破壊する可能性があります。無視された小さな火は大きな火に変わり、電子レンジ、キッチン、または家全体を破壊する可能性があります。

最終的な考え

自分が何をしているのかわからない場合は、電子レンジで焼くアルミホイルが栄光の炎の中で外出するのに最適な方法です。ただし、慎重かつ慎重に使用すると、キッチンツールボックスのもう1つの重要なツールになる可能性があります。

電子レンジには滑らかなホイルのみを使用し、鋭いしわやエッジは避けてください。食品のごく一部のみをホイルで覆い、ホイルの表面積が食品の表面積よりも大きくならないようにします。

ホイル容器は問題ありませんが、ホイル蓋付きのホイル容器は絶対に使用しないでください。すべてのアルミニウム製品を電子レンジの壁から遠ざけ、金属が金属に触れないようにしてください。